1 前回の記事を振り返って


今日もお疲れ様です(^_^)

さて、前回はHGUC ブルーディスティニー1号機"EXAM"の武装類の製作を行いました。

武装類の製作では、ブルーディスティニーの武装類は本体内蔵の武装もあることもあり、意外とシンプルな構成になっていることや、シールドのスタンドを使用して立たせられるということを主な記事にしました。

そして、HGUC ブルーディスティニー1号機"EXAM"に必要な部分への塗装も終了したので、今回はキットの完成レビューを行っていきたいと思います(^_^)







2 HGUC ブルーディスティニー1号機"EXAM"に行った塗装の箇所



キットレビューの前に、まずはHGUC ブルーディスティニー1号機"EXAM"に行った塗装の箇所を紹介します。


IMG_6407

まずは、頭部の左右にあるバルカン砲をグレーで塗装しました。頭部バルカン砲は説明書で武装として紹介されてなかったんですよね(^_^;)

頭部バルカン砲は小さくて細かい部分ですが、細筆でちょこんと簡単に塗れます(^_^)

IMG_6201

次は、胸部ミサイルですが...

IMG_6408

白で塗装しました。

胸部ミサイルもほぼワンポイントなので、塗装は難しくありません(^_^)

IMG_6203
IMG_6202

バックパックも...

IMG_6409
IMG_6410

全体をグレーで塗装しました。

バックパックは面積が結構広いので、それなりに時間が掛かるところですね。まさか青の成形色だとは思いませんでした(^_^;)

IMG_6135
IMG_6139

実は、足にもグレーで塗装する部分がありました(^_^;)

IMG_6411
IMG_6412

足のこの部分がグレーだとは、製作しているときには正直気づいてなかったです(^_^;)

IMG_6413

最後に、シールドの上部にあるグリップ?部分と、EXAMシステム発動時にバックパックに差し替えるバーニアのパーツもグレーで塗装しました。

今回塗装した部分はトータルでそれなりにありましたが、使用した色はほとんどグレーだったので、それほど難しくはなかったですね(^_^)
ちなみに今回、シールで再現されている部分はそのまま使用しています。







3 キットと武装類の紹介



IMG_6403
IMG_6404
IMG_6405

まずは、HGUC ブルーディスティニー1号機"EXAM"をフロント、サイド、リアから見たところです。

自分は、旧キットのブルーディスティニーを組んでないので比べることはできませんが、HGUC ブルーディスティニー1号機"EXAM"のプロポーションは設定を忠実に再現しているなと感じます。

昔にゲームでプレイしたことを本当に思い出します(^_^)

IMG_6414

手持ち武装である、100mmマシンガンとシールドを装備してみました。

IMG_6416

次はEXAMシステムを発動させますが、まずは頭部をまるごと漫画版のものに差し替えます。
(EXAM状態の頭部は漫画版のものにしました)

IMG_6417

次に、脚部バーニアの位置を差し替えて...

IMG_6418

最後にバックパック上部のパーツを差し替えて、スラスターを展開させると...

IMG_6420

EXAMシステム発動です!

機体の頭部に搭載されているEXAMシステムは、対ニュータイプ用のシステムと機器の総称で、発動時にはバイザーが赤く発光するのが特徴です。

ちなみに漫画版の頭部の右側には、モニタリングユニットが装備されています。

IMG_6421
IMG_6422
IMG_6423
IMG_6424

100mmマシンガンを構えてみましたが、キットの可動域も良好でアクションポーズも取りやすいですね(^_^)

IMG_6425
IMG_6426
IMG_6428



4 HGUC ブルーディスティニー1号機"EXAM"製作のまとめ



IMG_6430

今回HGUC ブルーディスティニー1号機"EXAM"の製作を行いましたが、さすが新しいキットということもあり、最初から最後まで安定して組みやすかったですね(^_^)

合わせ目もなるべく目立たない作りになっていて、気付いたところでアンクルアーマーや100mmマシンガンくらいでしょうか。

完成見本のように再現するなら塗装する部分はありますが、バックパックと足の部分が成形色で再現されていたら最高なんですけどね(^_^;)
といっても、シールで再現できている部分や、マーキングシールも付属しているので、少し頑張れば完成見本のように仕上げるのも決して難しくはないでしょう(^_^)

キット自体は良く可動してくれて、様々なアクションポーズを決めることができますよ♪

EXAMシステム発動のギミックも頭部が2種類用意されていて、選択の幅が広がるところも良いポイントだと感じました(^_^)

今回でHGUC ブルーディスティニー1号機"EXAM"の製作は終わりになりますが、次回に製作するキットの記事でまたお会いしましょう(^O^)



⇒他のHGUCキットの製作記事はコチラ



HGUC 機動戦士ガンダム外伝戦慄のブルー ブルーディスティニー1号機"EXAM" 1/144スケール 色分け済みプラモデル

新品価格
¥1,200から
(2017/10/16 21:07時点)