前回取り付けた腰部の外装パーツでは
 



今日もお疲れ様です(^_^)

前回は、RG サザビーの腰部フレームに外装パーツを取りつけました。

腰部の各アーマーに付いているバーニアは、黄色の別パーツで再現されています。

可動に関しては、各アーマーが全て個別に可動しますが、特にサイドアーマーとリアアーマーには内部フレームが露出するギミックがあります。

という訳で今回は、RG サザビーの胸部フレームに外装パーツを取りつけていきます!(^O^)



胸部の外装パーツに使用するランナー



IMG_8366

まず、多色成型のパーツで構成されているAランナーでは、動力パイプやメガ粒子砲の黄色のパーツを使用します。

IMG_8367
IMG_8368
IMG_8369

次に、赤いパーツで成形されている、C、D、Fランナーでは、胸部の外装パーツを使用します。

これで、RG サザビーの胸部の外装パーツに使用するランナーは以上なので、次から製作に入っていきます!(^O^)



胸部の外装パーツ取り付け開始



IMG_8371
IMG_8372

さっそく、RG サザビーの胸部の外装パーツを切り出してみましたが、パーツ数は多くなく、コンパクトにまとまってますね。

IMG_8370

ではさっそく、このRG サザビーの胸部フレームに外装パーツを取りつけていきます!(^O^)

IMG_8373

という訳で、RG サザビーの胸部フレームに外装パーツを取りつけてみました。

ちなみに動力パイプには、あらかじめスミ入れを行っています。

IMG_8374
IMG_8375

次に、横と後ろからも見てみましたが各部のディテール、特に、バックパックを接続したら隠れて見えなくなるような部分にも、細かくディテールが再現されています(^_^)

IMG_8376
IMG_8377

RG サザビーの胸部は、ちょっと分かりづらいですが、前後に傾けるように可動させることができます。

IMG_8378
IMG_8379
IMG_8380

最後に、RG サザビーの胸部が完成したので、本体と接続してみました。

グレーの内部フレームも段々と赤く染まってきたということで、次回は頭部のコクピットブロックに外装パーツを取りつける予定です!ではまた(^_^)/



⇒他にもRGキットの製作記事を見る


バンダイ(BANDAI) RG 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア サザビー 1/144スケール 色分け済みプラモデル