前回行ったバックパックと武装類の製作では
 


今日もお疲れ様です(^_^)

前回は、HGUC ジムのバックパックと武装類の製作を行いました。

バックパックの本体は1パーツで再現されていて、2基のバーニアを取り付けるだけで完成します。

接続面はダボ穴がむき出しになっていますが、本体に接続すると完全に隠れる部分なので、気にするほどではないでしょう。

武装類に関しては、ビーム・スプレーガンに合わせ目が発生するものの、上部は段落ちモールドとして再現されていることや、トリガーを引いたビーム・スプレーガン専用のマニピュレーターが付属していました。

ビーム・サーベルに関しては、この時代のキットらしく、ビーム刃と柄の部分が一体成型のパーツで再現されていて、ビーム刃の部分も成形色の白になっていました。

という訳で今回は、HGUC ジムの製作が全て完了したので、キットの完成レビューに入ります!(^_^)



各アングルと塗装箇所



IMG_8730
IMG_8731
IMG_8732
IMG_8734

まずは、HGUC ジムを色んな方向から見てみました。

IMG_8735

今回、HGUC ジムを製作するにあたって塗装した部分は、まず頭部の60mmバルカン砲の黄色部分です。

頭部バルカン砲は小さく細かい部分ということもあり、最近のHGキットでも色の再現がされていないキットもあるので、この時代のキットとしては当然の塗装部分ですね。

IMG_8737

次に、胸部のコクピットハッチの黒い部分です。

この部分はシールで再現されていましたが、今回は塗装しています。

IMG_8743

バックパックのグレー部分も塗装しました。

また、頭部後ろ側のセンサーもクリアグリーンで塗装しています。

IMG_8745

足も成形色だと全体が白なので、グレー部分を塗装しました。

他にも足のシリンダー部分や、各部分の丸いディテールも塗装しています。

IMG_8751

武装類に関しては、シールド裏のグレー部分と、後で紹介するビーム・サーベルのビーム刃をピンクで塗装しました。

今回、HGUC ジムの製作で塗装した部分は、ざっとこんな感じです。



武装類の紹介



IMG_8746
IMG_8748
IMG_8749

まずは、ビーム・スプレーガンとシールドを装備してみましたが、保持に関しては特に問題ありませんね。

IMG_8750
IMG_8753
IMG_8754

HGUC ジムのシールドは、バックパックに開いている穴にマウントすることができます。

このシールドは、連邦製のMSに標準装備されていて、頑丈さよりも衝撃吸収や拡散を目的としています。

IMG_8755
IMG_8756
IMG_8757

HGUC ジムには、左手専用ですが平手のマニピュレーターが付属しているので、表情豊かなアクションポーズも可能ですね(^_^)

また、胸部を左右に傾けるように可動させることができます。

IMG_8758
IMG_8759
IMG_8760

次に、アクションベースを使ってディスプレイしてみました。

IMG_8761

このように、HGUC ジムには(当時のキットには?)最近のキットにあるようなアクションベース用の穴が開いてません。

この頃は、アクションベースを使ったディスプレイを想定していなかったのかはわかりませんが(^_^;)

IMG_8762

ただ、アクションベース用の穴が開いていないキット用に、このアタッチメントパーツを使用してアクションベースでディスプレイすることができます(^_^)

確か、アクションベースに標準で付属しているパーツだった気がします。多分。

IMG_8763
IMG_8764
IMG_8765
IMG_8767

次に、ビーム・サーベルを構えてみました。

やはり、ビーム・サーベルが白いというのもアレなんで、ピンクで塗装しました(^_^;)



ガンダムと比較



IMG_8768
IMG_8769
IMG_8770
IMG_8771

量産元であるガンダムと並べてみました。

ただ、ガンダムの方は「REVIVE」版なので、比べるなら旧HGUCのガンダムの方が良かったですね(^_^;)

しかし、最近のキットと並べてみても、プロポーション自体は気になるほど違和感がないというのが正直な感想ですね(^_^)

IMG_8776

ついでに、ガンキャノンとガンタンクとも並べてみました。

今回のジムとガンタンクは旧HGUCキットですが、最近のキットに上手く溶け込んでますかね(^_^)



キット製作のまとめ



IMG_8736

今回はHGUC初期のキットである、ジムの製作を行いました。

各部のほとんどの部分に合わせ目が発生することや、パーツの成形色、可動域などに時代を感じさせるところがありましたね。

ただ、キットの値段が安いので、合わせ目消しの練習や改造してみたり、好きに塗装してみたりと、いろいろ遊びがいがあるキットだなと感じました。

レビュー等で良キットの評価が多いのも分かる気がします(^_^)

古いキットではありますが、胸部の可動や豊富なハンドパーツなど、古いキットなりに頑張っている部分も見ることができました(^_^)

ジム系のバリエーションキットも豊富にラインナップされているので、これからも定期的に製作して、それぞれ比較してみるのもいいですね(^_^)

今回のキットの完成レビューで、HGUC ジムの製作は全て終了なので、次回に製作するキットに続きます!ではまた(^_^)/



⇒HGUCキットの製作記事を他にも見る


ガンプラ HGUC 1/144 RGM-79 ジム (機動戦士ガンダム) 色分け済みプラモデル

新品価格
¥560から
(2019/1/16 23:04時点)