まずは前回のバックパックの製作を振り返る
 



今日もお疲れ様です(^_^)

前回は、HG ガンキャノン最初期型(鉄騎兵中隊機)のバックパックの製作を行いましたが、バックパックには武装類を装備するためにポリキャップを使用していることを記事にしています。

バックパックの製作が終了したことで、本体自体も大体完成しました。

という訳で今回は、HG ガンキャノン最初期型(鉄騎兵中隊機)の武装類の製作に入っていきます!(^_^)



武装類に使用するランナー



IMG_7725

まずは、多色成型のパーツで構成されているA1ランナーでは、ミサイル・ランチャーとシールドのパーツを使用します。

IMG_7726

次に、青いパーツで構成されているBランナーでは、シールドのパーツを使用します。

IMG_7727

次に、グレーのパーツで成形されているC1ランナーでは、ライフルや低反動キャノン砲に肩部ガトリング砲といったパーツを使用します。

IMG_7728

次に、グレーのパーツで成形されているD2ランナーでは、武装類用の持ち手などのパーツを使用します。

IMG_7729

これは、HG ガンキャノン最初期型(鉄騎兵中隊機)専用のベースであるベース1ランナーですが、今回は武装類と一緒に製作します。

IMG_7730

最後に、HG ガンキャノン最初期型(鉄騎兵中隊機)の武装類には、PC-001ランナーを使用します。

これで、武装類に使用するランナーは以上なので、さっそく製作に入っていきます!(^_^)



武装類の合わせ目消し



IMG_7731

まずは、HG ガンキャノン最初期型(鉄騎兵中隊機)の武装類のパーツを切り出して見ました。

ベースのパーツは大きくて、安定したディスプレイが期待できそうですね(^_^)

IMG_7732

武装類の中には、細かいパーツも多数使用されています。

IMG_7733

シールドは、2つのパーツを組み合わせて色分けを再現していますね。

IMG_7734

HG ガンキャノン最初期型(鉄騎兵中隊機)のベースには、アームが2つ付属されていますが、どのような使い方をするんでしょうね。

IMG_7735
IMG_7736

次に、武装類の製作に入ってすぐ、低反動キャノン砲とミサイル・ランチャーの合わせ目消しを行いました。

今回の合わせ目消しも、タミヤセメントを使用して行っています。



⇒他にも合わせ目消しの記事を見る




IMG_7737

しばらく時間を置いてタミヤセメントが充分に硬化したので、ヤスリ等で慣らしたところです。

IMG_7738

ヤスリ等で慣らしたのは良いですが、ディテールが部分的に無くなってしまいました(^_^;)

IMG_7739

ディテールが無くなった部分を、デザインナイフで彫り直してスミ入れしてみました。

多少目立たなくなって、やらないよりマシといったところでしょうか(^_^;)

IMG_7740

という訳で、HG ガンキャノン最初期型(鉄騎兵中隊機)の武装類のパーツを組んでみました。

IMG_7741

まずは、肩部ガトリング砲です。

IMG_7742

非常に小さい武器ですが、砲身などの細かいディテールも再現されています(^_^)

IMG_7743

次は、低反動キャノン砲です。

IMG_7744

低反動キャノン砲の角度を変えると、シリンダー部分も可動します。

IMG_7745

次は、ミサイル・ランチャーです。

IMG_7746
IMG_7747

ミサイル・ランチャーの弾頭部分は塗装しました。

低反動キャノン砲とミサイル・ランチャーは、好きな方を選択して装備することになります。

これらの武装類は、バックパックのパーツを組み替えることで、肩部ガトリング砲も含めて、両肩部どちらにも装備することができます。

IMG_7748

これは、HG ガンキャノン最初期型(鉄騎兵中隊機)の手持ち武器であるライフルです。

IMG_7749

画像では分かりづらいですが、センサー部分はシールも付属していないので塗装しました。

IMG_7750
IMG_7751

ライフルには、保持専用のパーツが付属しています。

IMG_7752

ライフル保持専用のマニピュレーターも付属しています。

IMG_7753

HG ガンキャノン最初期型(鉄騎兵中隊機)専用のシールドです。

今まで、ガンキャノンにシールドというイメージが無かったので新鮮ですね(^_^)

IMG_7754

HG ガンキャノン最初期型(鉄騎兵中隊機)のシールドを裏から見てみましたが、保持用のグリップ等が確認できます。

ちなみに、シールドの裏は白一色だったのでグレーで塗装しました。

IMG_7755

シールドのグリップは、前方に可動します。

IMG_7756
IMG_7757

HG ガンキャノン最初期型(鉄騎兵中隊機)専用のベースは、アームが2種類付属しています。

アーム自体の角度を調節することができないので、ディスプレイの用途によって2種類の角度のアームを使い分ける感じですかね。

IMG_7758
IMG_7759
IMG_7760

今回、武装類の製作が終了したことで、HG ガンキャノン最初期型(鉄騎兵中隊機)全体の製作が完了しました。

これで全てのランナーが終了しましたが、上記のパーツが余りました。

という訳で次回は、HG ガンキャノン最初期型(鉄騎兵中隊機)に仕上げを行って、キットの感想とまとめに入る予定です!ではまた(^_^)



⇒HGキットの製作記事を他にも見る