前回行った胸部の製作では
 



今日もお疲れ様です(^_^)

前回は、HGCE ストライクフリーダムガンダムの胸部の製作を行いました。

胸部は、2つのブロックに分かれてボールジョイントで接続するので、前方に可動することと、側面の合わせ目が段落ちモールドとして表現されていました。

また、今回は胸部と腰部の間に接続するクスィフィアス3 レール砲も一緒に組みましたが、こちらには完成見本では処理されている合わせ目が発生するので、こちらは段落ちモールド化に挑戦したということを記事にしています。

という訳で今回は、HGCE ストライクフリーダムガンダムの頭部の製作に入っていきます!(^_^)



頭部の製作に使用するランナー



IMG_7449

まずは、白いパーツで成形されているA1ランナーでは、頭部やアンテナのパーツを使用します。

IMG_7450

次に、多色成型のパーツで構成されているCランナーでは、こちらも頭部やアンテナのパーツを使用します。

IMG_7451

最後に、HGCE ストライクフリーダムガンダムの頭部にはシールを使用します。

HGキットの頭部らしく、使用するランナーも少なめですね(^_^)

次は、いよいよ頭部の製作に入ります!(^_^)



頭部の製作開始



IMG_7452

まずは、HGCE ストライクフリーダムガンダムの頭部のパーツを切り出してみましたが、頭部ということで細かいパーツで構成されているので、紛失には注意ですね(^_^;)

IMG_7446

HGCE ストライクフリーダムガンダムのツインアイは、水色のクリアパーツで再現されています。

IMG_7455

ツインアイのクリアパーツを効果的に使用するために、下に銀色のシールを貼るように説明書には書かれていますが...

IMG_7448

完成見本を見てみると、ツインアイが黄色になっていますね(^_^;)

IMG_7447

キットにはもちろん、黄色のツインアイを再現するシールが付属しているので、クリアパーツとどちらか好きな方を選択するということですね。

IMG_7456

水色のクリアパーツを活かしたツインアイも良いですが、やっぱり完成見本や原作に沿った方を選択したい人も多いんじゃないでしょうか(^_^)

という訳で今回は、クリアパーツのツインアイに塗装しました。

IMG_7457

HGCE ストライクフリーダムガンダムの頭部のパーツを組んでみましたが、顔のグレー部分がパーツの成形色で再現されています(^_^)

バルカン砲は白くなっていますが(^_^;)

また、頭部センサーはシールで再現されています。

IMG_7462

次に、HGCE ストライクフリーダムガンダムの頭部を横から見たところですが、特徴的な頭部アンテナにはケガ防止用の加工が施してあったので、削ってシャープにしました。

また、頭部の側面には合わせ目が発生しますが、HGキットなので仕方ないですね(^_^;)

IMG_7461

今度は、HGCE ストライクフリーダムガンダムの頭部を後ろから見てみましたが、こちらの頭部センサーもシールでの再現ですね。

これで頭部の製作は全て終了ですが、次回はHGCE ストライクフリーダムガンダムの腕部の製作に入る予定です!ではまた(^_^)