前回製作した脚部では
 


今日もお疲れ様です(^_^)

前回は、HGUC ジム寒冷地仕様の脚部の製作を行いました。

脚部には関節パーツを除く、太ももからヒザ下にアンクルアーマーと、ほぼ全域に合わせ目が発生するので、合わせ目消しを行いました。

という訳で今回は、HGUC ジム寒冷地仕様の腰部の製作に入っていきます!(^O^)



腰部の製作に使用するランナー



IMG_8994

まず、多色成型のパーツで構成されているAランナーでは、腰部の内部パーツを使用します。

IMG_8995

次に、白いパーツで成形されているB2ランナーでは、腰部の外装パーツを使用します。

IMG_8996

HGUC ジム寒冷地仕様の腰部の製作には、PC-123プラスランナーを使用します。

IMG_8997

最後に、HGUC ジム寒冷地仕様の腰部には、シールを使用します。

これで、腰部の製作に使用するランナーは以上なので、次から製作に入ります!(^O^)



腰部の製作開始



IMG_8999

まずは、HGUC ジム寒冷地仕様の腰部のパーツを切り出してみました。

IMG_9001

パーツ数も少ないのでサクッと組んでみましたが、オリジナルのジムと比べると、フロントアーマーの形状が違いますね。

オリジナルのジムは1枚の装甲だったのに対して、ジム寒冷地仕様のフロントアーマーは、左右に分割されていて、真ん中のV字マークが追加されています。

そのV字マークですが、キットではシールで再現されています。

IMG_9002
IMG_9003

サイドアーマーやリアアーマーは多少ディテールの違いがあれど、HGUC ジムとほぼ同じデザインですね。

IMG_9004

HGUC ジム寒冷地仕様の腰部を下から見てみましたが、脚部との接続はボールジョイントになっていますね。

2箇所の赤い部分はシールで再現されています。

IMG_9005

HGUC ジム寒冷地仕様の腰部はリアアーマーが固定式で、フロント、サイドアーマーが可動します。

IMG_9080
IMG_9081
IMG_9082

最後に、HGUC ジム寒冷地仕様の腰部が完成したので、本体と接続してみました。

という訳で次回は、胸部の製作に入る予定です!ではまた(^_^)/



⇒HGUCキットの製作記事を他にも見る


HGUC 1/144 RGM-79D ジム寒冷地仕様 (機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争)

新品価格
¥597から
(2019/3/17 16:59時点)