IMG_5815

今日もお疲れ様です(^_^)

前回はHGUC バーザムの脚部までの製作を行いましたが、今回はHGUC バーザムのボディの製作に入りたいと思います。

当ブログでは通常、ガンプラのボディを胸部と腰部に分けて製作をしていますがHGUC バーザムは例外で、胸部と腰部を一連の流れで組むようになっており、今回はボディの製作としました。

これまで製作したガンプラの中で、初めての製作方法です(^_^)

と、いう訳で今回HGUC バーザムのボディを製作するにあたって使用するランナーは...

IMG_5837
IMG_5838

多色成型のA1、A2ランナーでは、赤とグレーのパーツを使用します。

IMG_5844

青いパーツで成形されているBランナーを使用します。

IMG_5839

黒いパーツで成形されているCランナーは、ボディの外装パーツを使用します。

IMG_5840

黄色のパーツで成形されているDランナーも、ボディの外装パーツを使用します。

IMG_5841

グレーのパーツで成形されているEランナーは、ボディの内装パーツを使用します。

IMG_5842

HGUC バーザムのボディには、PC-002ランナーを使用します。

IMG_5843

HGUC バーザムのボディには、シールを使用します。

IMG_5845

上記のランナーから、HGUC バーザムのボディを製作するのに必要なパーツを切り出してみました。

これが、バーザムの胸部と腰部を含めたパーツになっています。

IMG_5846

まず、HGUC バーザムのボディの内装パーツを組んでみました。

ここまでは胸部と腰部に分かれています。

IMG_5847

ボディの内装パーツに外装パーツを組んでみました。

全体的に特徴的な形状をしていますが、腰部にある青いソケットのパーツが目立ちますね。

ちなみに、中央の赤い部分はシールで再現されています。

IMG_5848

HGUC バーザムのボディを横から見たところです。

バーザムの腰部はフロント、サイドアーマーがなく、リアアーマーが胸部と一体になっているんですね。

胸部と腰部をつないでいる内装パーツのディテールも良く再現されています(^_^)

IMG_5849

HGUC バーザムのボディを後ろから見たところです。

後ろから見ると、背中とリアアーマーが一体になっているのが良く分かります。

背中には、バックパックを接続する穴が開いていますね。

IMG_5850
IMG_5851
IMG_5852

HGUC バーザムのボディを下半身と接続してみました。

足の長さに比べて、ボディが小さいのもバーザムの特徴的なデザインですね。パッと見でボディが大きめの腰部に見えなくもないような...

IMG_5853

HGUC バーザムの足は、サイドアーマーがないということもあって可動範囲が広く、ここまで開脚させることも可能です。

IMG_5854

HGUC バーザムのボディは胸部と腰部が一体化していますが、独立して可動させることができます。

これで、HGUC バーザムのボディの製作は完了です。

次回は、HGUC バーザムの頭部の製作に入っていきたいと思います。ではまた(^_^)