素組みのHGUC バイアランカスタムを自分なりに仕上げる
 


今日もお疲れ様です(^_^)

前回からHGUC バイアランカスタムの腕部の手直しに入りましたが、これが中々の作業量で前回は腕部のクロー・アームの肉抜き穴をパテ埋めして、塗装する段階で終わりました(^_^;)







バイアランカスタムのクロー・アームは目立つ武装なので、パテ埋めして良かったなという感じです(^_^)

という訳で今回は、HGUC バイアランカスタムの腕部の手直しの続きをできるだけやっていきます!(^O^)



腕部メガ粒子砲の合わせ目消し



IMG_9973

HGUC バイアランカスタムの腕部メガ粒子砲の合わせ目は、上部のセンター部分と下部はセンターからズレた部分にあります。

まずは、タミヤセメントを使って硬化するまで時間を置きます。

IMG_9976

時間を置いてタミヤセメントが充分に硬化したことを確認して、ヤスリ等で慣らしました。

IMG_9979

本体成形色のグレーは、合わせ目消しの跡がそれほど目立たないんですが一応塗装しました。

IMG_9980

次に、腕部メガ粒子砲の側面にある赤い部分を塗装しました。

IMG_9985

腕部メガ粒子砲の合わせ目消しと塗装が終わったんで、クロー・アームと接続してみました。



二の腕の合わせ目消し



IMG_9986

HGUC バイアランカスタムの腕部の二の腕にも、このような合わせ目があります。

IMG_9990

なので、こちらもタミヤセメントを使って合わせ目を消していきます。

IMG_0004

二の腕の合わせ目を消して塗装しました。

残りは肩部アーマーの合わせ目消しと肩部スラスターの塗装の作業がありますが、とりあえず今回はここまでにしときます(^_^;)

ではまた(^_^)/



⇒HGUCキットの製作


HGUC 機動戦士ガンダムUC RX-160S バイアラン・カスタム 1/144スケール 色分け済みプラモデル

新品価格
¥2,145から
(2019/12/12 17:43時点)