IMG_6026

今日もお疲れ様です(^_^)

さて、前回の製作ではHG 陸戦型ガンダムS型の胸部まで終了しました。

今回は、HG 陸戦型ガンダムS型の頭部の製作に入っていきたいと思います。

製作の前に、HG 陸戦型ガンダムS型の頭部の製作に必要なランナーを紹介します。

IMG_6029

HG 陸戦型ガンダムS型の頭部の製作に必要なランナーは、多色成型のパーツで成形されているB1ランナー1枚のみとなります。まぁ、HGキットの頭部はパーツ自体少ないですからね。

IMG_6030

HG 陸戦型ガンダムS型の頭部にはシールも使用します。

IMG_6031

さっそく上記のランナーから、HG 陸戦型ガンダムS型の頭部の製作に必要なパーツを切り出してみました。

ほとんど白一色のパーツ構成になっていますが、シールでどれだけ再現できているかですね。

IMG_6034

HG 陸戦型ガンダムS型の頭部のパーツを組んでみました。

陸戦型ガンダムS型の頭部アンテナはV字ではなく、頭頂部に2本伸びているタイプなのが特徴です。

頭部センサーと額にある連邦軍のエンブレムに、ツインアイや口の青い部分もシールで再現されています。

額の連邦エンブレムのディテールは再現されているのですが、細かいので塗装の難易度は上がりそうです(^_^;)
シールも連邦エンブレムの周りまでかたどったシールになっているので、何気に目立ちますね(^_^;)

口元のパーツもシールで再現されているとは、今まで数々のHGキットのガンダムタイプを製作してきましたが、口元のシールは初めてかもしれません(^_^)

IMG_6035

HG 陸戦型ガンダムS型の頭部を横から見てみました。

頭部アンテナ以外は普通のガンダムタイプの頭部ですが、側面に合わせ目が発生します。

IMG_6036

HG 陸戦型ガンダムS型の頭部を後ろから見たところです。

後ろ側の頭部センサーもシールでの再現になっています。

IMG_6033

また、HG 陸戦型ガンダムS型の頭部アンテナは非常に細く、説明書にも破損注意と記載されています(^_^;)

IMG_6038
IMG_6039
IMG_6040

HG 陸戦型ガンダムS型の頭部を本体と接続してみました。

頭部を接続したことによって、だいぶガンダムらしくなりました(^_^)

IMG_6032

今回、HG 陸戦型ガンダムS型の頭部の製作が完了したのと同時に、必要なシールを全て貼り終えました。

次回は、HG 陸戦型ガンダムS型の腕部の製作に入っていきたいと思います。ではまた(^_^)