1 前回行った脚部の製作を振り返る
 


今日もお疲れ様です(^_^)

前回は、フィギュアライズスタンダード 人造人間18号の脚部の製作を行いましたが、脚部の側面には合わせ目が発生するので合わせ目消しを行ったことと、脚部は非常に細いデザインになっているということを記事にまとめました。

という訳で今回は、フィギュアライズスタンダード 人造人間18号の腰部の製作に入っていきますよ!(^_^)







2 腰部の製作に使用するランナー等



IMG_6863



まず、多色成型のパーツで成形されているAランナーでは、スカートのベルトのパーツを使用します。



IMG_6864

次に、黒いパーツで成形されているCランナーでは、腰部本体のパーツを使用します。

IMG_6865

次に、青いパーツで成形されているEランナーでは、腰部のスカートのパーツを使用します。

スカートということで、脚部の可動の妨げにならないことを含めてか、軟質素材のパーツでゴムのように柔らかくなっています

IMG_6866

最後に、フィギュアライズスタンダード 人造人間18号の腰部には、ベルト周りにシールを使用します。

これで、腰部の製作に使用するランナーは以上なので、次はいよいよ製作に入ります!(^_^)







3 腰部の製作開始



IMG_6867

さっそく、フィギュアライズスタンダード 人造人間18号の腰部のパーツを切り出してみましたが、スカートのパーツを含めてもシンプルな構成で、コンパクトにまとまっています。

IMG_6868
IMG_6869

フィギュアライズスタンダード 人造人間18号の腰部のジョイントは、2つのパーツを交互に組む仕様になっています。

これは、前回に製作したフィギュアライズスタンダード 孫悟空にも採用されていましたが、フィギュアライズスタンダードシリーズでは標準仕様なのでしょうか。

この仕様は、脚部の可動の幅が広がるので良いですね(^_^)

IMG_6871
IMG_6872
IMG_6873

次に、フィギュアライズスタンダード 人造人間18号の腰部のパーツを組んでみました。

女性型のキットということで、全体的に丸みを帯びたデザインになっています。

IMG_6874
IMG_6875
IMG_6876

まずは、この状態で脚部と接続してみました。

脚部が非常に細い印象を受けましたが、腰部も小さめなので全体的にバランスが取れているのかなと感じました(^_^)

IMG_6877

次は、フィギュアライズスタンダード 人造人間18号の腰部にスカートのパーツを組んでいきます。

IMG_6878
IMG_6879
IMG_6880

フィギュアライズスタンダード 人造人間18号の腰部にスカートのパーツを取り付けてみましたが、スカートのベルトのバックルとベルトのガイド部分はシールで再現されています。

スカートが軟質素材といっても、やはり少なからず脚部の可動時に干渉します。

ただ、干渉の当たりは柔らかく、通常のプラスチックのような硬い当たりはありません(^_^)

スカートのパーツは、前後2つのパーツを合わせる仕様になっていますが、これも脚部の可動を考えての仕様なのかもしれませんね(^_^)

IMG_6881
IMG_6882

フィギュアライズスタンダード 人造人間18号のスカートのベルトのパーツは2種類用意されていますが、片方はアクションベースにディスプレイする時に使用します。

フィギュアライズスタンダード 孫悟空にもアクションベース用のパーツが付属していましたが、ベルトのパーツを使用するというのも何か新鮮ですね(^_^)

IMG_6883

今回、フィギュアライズスタンダード 人造人間18号の腰部が完成したことで、スカートのEランナーも終了しました。

という訳で、次回は胸部の製作に入りたいと思います!ではまた(^_^)



⇒フィギュアライズスタンダードの製作記事を他にも見る