1 前回行った頭部の製作では
 


前回では、フィギュアライズスタンダード 人造人間18号の頭部の製作を行いましたが、目は複数のパーツを組み合わせて瞳のグラデーションを表現していることと、表情の異なる瞳のシールを好みに応じて使用できるということを記事にしました。

という訳で今回は、フィギュアライズスタンダード 人造人間18号の腕部の製作に入りたいと思います!(^_^)







2 腕部の製作に使用するランナー



IMG_6928

まず、多色成型のパーツで構成されているAランナーでは、ジャケットの袖のパーツを使用します。

IMG_6929

次に、肌色のパーツで成形されているBランナーでは、ハンドパーツを使用します。

IMG_6930

最後に、白いパーツで成形されているDランナーでは、腕のパーツを使用します。

これで、フィギュアライズスタンダード 人造人間18号の腕部の製作に必要なランナーは以上なので、次はいよいよ製作に入っていきます!(^_^)



3 腕部の製作開始



IMG_6931

まずは、フィギュアライズスタンダード 人造人間18号の腕部の製作に使用するパーツを切り出してみました。

IMG_6932

次に、フィギュアライズスタンダード 人造人間18号の腕部のパーツを組んだところですが、やはり女性の腕ということもあって、かなり細いデザインになっていますね。

ちなみに、ジャケットの袖は腕部側に付いています。

IMG_6933

フィギュアライズスタンダード 人造人間18号の腕部は肘関節が1ヶ所ということで、この辺りまで可動します。

また、腕部には合わせ目が発生します。

IMG_6934

フィギュアライズスタンダード 人造人間18号のハンドパーツは通常の握り手の他に平手も付属していますが、やはりどちらも小さいデザインになっていますね。

IMG_6935
IMG_6936
IMG_6937

最後に、フィギュアライズスタンダード 人造人間18号の腕部が完成したので、本体と接続してみました。それと同時に本体自体の製作も大体終了ですね(^_^)

IMG_6938
IMG_6939
IMG_6940

今回の腕部の製作で、A、B、Dランナーは全て終了しました。

次回は、フィギュアライズスタンダード 人造人間18号のエフェクトパーツの製作に入りたいと思います!ではまた(^_^)



⇒フィギュアライズスタンダードの記事を他にも見る