1 前回の腕部の製作を振り返る
 


前回の製作では、フィギュアライズスタンダード 人造人間18号の腕部の製作を行いましたが、女性の腕らしい細いデザインであるということと、ハンドパーツが通常のものに加えて平手も付属しているということを記事にまとめました。

腕部の製作が終了したと同時に本体の製作も大体完了したので、今回はフィギュアライズスタンダード 人造人間18号のエフェクトパーツの製作に入っていきます!(^_^)







2 エフェクトパーツの製作に必要なランナー



IMG_6941

まずは、クリアパーツで成形されているDBA-1ランナーでは、気功波をディスプレイするためのスタンドのパーツを使用します。

IMG_6942

ちなみに、DBA-1ランナーは前回製作したフィギュアライズスタンダード 孫悟空にも同ランナーが使用されていました。

フィギュアライズスタンダードシリーズの気功波に使用するスタンドパーツのランナーは、大体このランナーが流用されているのでしょう。

IMG_6943

次に、緑のクリアパーツで成形されているDEF-3ランナーでは、気功波のパーツを使用します。

これで、フィギュアライズスタンダード 人造人間18号のエフェクトパーツに使用するランナーは以上になります。



3 エフェクトパーツの製作



IMG_6945

さっそく、フィギュアライズスタンダード 人造人間18号のエフェクトパーツを切り出してみました。

使用するパーツ数自体は少なく、シンプルですね。

IMG_6946

次に、フィギュアライズスタンダード 人造人間18号のエフェクトパーツを組んでみました。

IMG_6947

気功波は、シンプルなパーツ構成ながらも良く再現されていますね(^_^)

IMG_6948

下はフィギュアライズスタンダード 孫悟空の「かめはめ波」のエフェクトパーツですが、比較してみると色と形状が違いますね。

IMG_6949

フィギュアライズスタンダード 人造人間18号の気功波を、付属のスタンドにディスプレイしてみました。

スタンドは伸縮可能なので、好きな高さでディスプレイすることができます。

IMG_6950

今回エフェクトパーツの製作が完了したことで、DBA-1、DEF-3ランナーが終了して、全てのランナーも終了しました。

次回は、フィギュアライズスタンダード 人造人間18号の必要な部分に塗装を行って、キットの感想とまとめに入りたいと思います!ではまた(^_^)



⇒フィギュアライズスタンダードの記事を他にも見る