1 前回行った腰部フレームの製作では
 


前回では、MG 強化型ZZガンダム Ver.Kaの腰部フレームの製作を行いましたが、特徴的な形状でありながらも、強化型ZZと通常のZZの違いがないことを記事にまとめました。

腰部に関しては、外装パーツで両形態の違いが再現されているようですね。

という訳で今回は、MG 強化型ZZガンダム Ver.Kaの胸部フレームの製作に入る予定でしたが、腰部と胸部の間にコア・ファイターを接続するということで、今回は先にコア・ファイターの製作を行うことにしました(^_^)







2 コア・ファイターの製作に使用するランナー



IMG_7027

まず、多色成型のパーツで構成されているAランナーでは、それぞれの色のパーツを使用します。

IMG_7028

次に、グレーのパーツで成形されているDランナーを使用します。

IMG_7029

最後に、赤いパーツで成形されているF1、F2ランナーを使用します。

これで、MG 強化型ZZガンダム Ver.Kaのコア・ファイターの製作に使用するランナーは以上なので、次から製作に入っていきます!(^_^)



3 コアファイターの製作開始



IMG_7030

まずは上記のランナーから、MG 強化型ZZガンダム Ver.Kaのコア・ファイターの製作に必要なパーツを切り出してみました。

コア・ファイターということで、パーツの成形色もカラフルな構成ですね(^_^)

同じパーツが対になっていますが、実はMG 強化型ZZガンダム Ver.Kaのコア・ファイターは2機分付属しています。

IMG_7031

さっそく、MG 強化型ZZガンダム Ver.Kaのコア・ファイターのパーツを組んでみました。

2機ということですが、片方は当然本体に接続するために使用します。
変形などを行う際にもコア・ファイター1機で事足りるので、もう1機のコア・ファイターはディスプレイ用ということになりますね。

IMG_7032
IMG_7033

次に、MG 強化型ZZガンダム Ver.Kaのコア・ファイターを横と後ろから見てみましたが、小さいながらも色分けは完璧です!(^_^)

IMG_7034

コア・ファイター用のパイロットフィギュアも2機分付属していますが、両方とも白い成形色のパーツなので、色分けで「ジュドー・アーシタ」と「イーノ・アッバーブ」を再現することになります。

まずは、ジュドー用の塗装を行って本体に使用するコア・ファイターに搭乗させましたが、イーノはダブル・ビーム・ライフルに乗せる予定です(^_^)

IMG_7035
IMG_7036

コア・ファイターは、アクションベースでディスプレイすることも可能ですが、ランディングギアも2機分付属しているので、地上でディスプレイすることもできます(^_^)

IMG_7037

最後に、MG 強化型ZZガンダム Ver.Kaのコア・ファイターを本体に接続していきますが、このように可動させます。

コア・ファイターの裏にあるパーツを動かして、パイロットシートの向きも変えられます(^_^)

IMG_7038
IMG_7039
IMG_7040

という訳で、MG 強化型ZZガンダム Ver.Kaのコア・ファイターを、下半身フレームと接続してみました。

MGキットは、コアブロックシステムの再現が魅力ですね♪

次回は、MG 強化型ZZガンダム Ver.Kaの胸部フレームの製作に入る予定です!ではまた(^_^)



⇒MGキットの製作記事を他にも見るなら