今回からHGCE ストライクフリーダムガンダムの製作開始
 



今日もお疲れ様です(^_^)

今回からHGCE ストライクフリーダムガンダムの製作を開始しますが、こちらも旧HGCEキットからリニューアルされた新キットになります。

以前、「REVIVE」としてリニューアルされたHGCE フリーダムガンダムを製作しましたが、その後継機であるストライクフリーダムガンダムがどのようにリニューアルされているか楽しみです(^_^)

IMG_6638

HGCE ストライクフリーダムガンダムのパッケージを見てみると、ストライクフリーダムガンダムが宇宙の戦場でフルバーストしているカッコいいパッケージイラストになっています(^_^)



ランナー紹介



IMG_6639
IMG_6640

ここからは、HGCE ストライクフリーダムガンダムに付属しているランナーの紹介を行っていきます。

まずは、白いパーツで成形されているA1、A2ランナーですが、主に外装パーツで構成されています。

IMG_6641
IMG_6642

次は、紺のパーツで成形されているB1、B2ランナーですが、胸部の外装パーツや機動兵装ウイングのパーツで構成されています。

IMG_6643

次に、多色成型のパーツで構成されているCランナーですが、主に頭部アンテナやビームシールド、武装類のパーツで構成されています。

IMG_6644

次に、青いパーツで成形されているD1、D2ランナーですが、スーパードラグーンのパーツで構成されています。

IMG_6645

次に、ゴールドのパーツで成形されているE1、E2ランナーですが、各関節などのジョイントパーツや、マニピュレーターのパーツで構成されています。

IMG_6646

次に、使用するPCパーツはPC-002ランナーになっています。

これらのゴールドパーツは金メッキではなく、いわゆる「タクアンゴールド」なので、ゴールドに塗装したいところですが迷いますね(^_^;)

IMG_6647

次に、ピンクのクリアパーツで成形されているSB-13ランナーでは、ビームサーベルのパーツで構成されています。

IMG_6648

最後に、HGCE ストライクフリーダムガンダムの製作で使用するホイルシールです。

次回からは、いよいよ製作に入っていきますが、まずは足の製作を行う予定です。ではまた(^_^)



⇒他にもHGCEキットの製作記事を見る


HGCE 201 機動戦士ガンダムSEED DESTINY ストライクフリーダムガンダム 1/144スケール 色分け済みプラモデル