前回行った頭部の製作では
 



今日もお疲れ様です(^_^)

前回は、HGCE ストライクフリーダムガンダムの頭部の製作を行いました。

頭部のツインアイは、クリアパーツとシールの選択式になっていることや、顔のグレー部分がパーツの成形色で再現されていました。

他には、頭部の側面に合わせ目が発生するということを記事にしています。

という訳で今回は、HGCE ストライクフリーダムガンダムの腕部の製作に入っていきたいと思います!(^_^)



腕部の製作に使用するランナー



IMG_7464
IMG_7465

まず、白いパーツで成形されているA1、A2ランナーでは、腕部の外装パーツや肩部アーマーのパーツを使用します。

IMG_7466
IMG_7467

次に、紺のパーツで成形されているB1、B2ランナーでは、前腕部のパーツを使用します。

IMG_7468

次に、多色成型のパーツで構成されているCランナーでは、前腕部や肩部アーマーのパーツを使用します。

IMG_7469

次に、青いパーツで成形されているD1ランナーでは、肩部アーマーのパーツを使用します。

IMG_7470

次に、ゴールドのパーツで成形されているE1、E2ランナーも使用しますが、塗装のために全て切り離しています。

IMG_7471

最後に、HGCE ストライクフリーダムガンダムの腕部には、PC-002ランナーを使用します。

これで、腕部に使用するランナーは以上ということで、次から製作に入っていきます!(^_^)



腕部の製作開始



IMG_7472

さっそく、HGCE ストライクフリーダムガンダムの腕部の製作に使用するパーツを切り出してみましたが、小さく細かいパーツが多くなっていますね。

IMG_7473

HGCE ストライクフリーダムガンダムの腕部は、肩部アーマーに接続する仕様になっています。

IMG_7474

まずは肩部アーマーを組んでみましたが、上部に合わせ目が発生するものの、目立つ部分の合わせ目はセンターを避けて工夫されていると思いたいです(^_^)

ただ、完成見本ではしっかり合わせ目消しされていたので、モールドとして再現されているわけではなさそうです(^_^;)

現時点では合わせ目消しをするか悩みどころですね(^_^;)

IMG_7475
IMG_7476

これは、HGCE ストライクフリーダムガンダムの腕部のヒジ関節です。

二重関節のおかげで、このように可動します。

IMG_7477

前腕部は1つのパーツを被せる形なので、当然合わせ目は発生しません(^_^)

IMG_7478
IMG_7479

これは前腕部に取り付けるパーツですが、3つのパーツで色分けを再現しています(^_^)

IMG_7480

二の腕部分も、1パーツを被せる形になっていますね。

IMG_7481

HGCE ストライクフリーダムガンダムの腕部は大きく分けて、肩部アーマー、腕部、マニピュレーターのブロックに分かれています。

マニピュレーターは通常の握り手の他に、平手も両手分付属しています。

IMG_7482

という訳で、HGCE ストライクフリーダムガンダムの腕部のパーツを組んでみましたが、肩部アーマーに接続用のジョイントが付いているスタイルですね。

IMG_7483
IMG_7484

次に、HGCE ストライクフリーダムガンダムの腕部を、横と後ろから見てみました。

IMG_7485

腕部に外装を付けると、この辺りまで可動します。

IMG_7486

今回の腕部の製作で、白いA2ランナーは全て終了しました。

これで、HGCE ストライクフリーダムガンダムの腕部の製作が完了ということで、次回はバックパックの製作に入る予定です!ではまた(^_^)



⇒他にもHGCEキットの製作記事を見るなら