まずは前回行った腕部の製作
 



今日もお疲れ様です(^_^)

前回は、HGCE ストライクフリーダムガンダムの腕部の製作を行いました。

肩部には合わせ目が発生しますが、目立たないように工夫されていることや、胸部の接続するジョイントは、肩部アーマー側に付いています。

また、マニピュレーターは武装類兼用の握り手と、平手が両手分付属しています。

という訳で今回は、HGCE ストライクフリーダムガンダムのバックパックの製作に入っていきます!(^_^)



バックパックの製作に使用するランナー



IMG_7491
IMG_7492

まずは、紺のパーツで成形されているB1、B2ランナーでは、バックパックの本体や機動兵装ウイングのパーツを使用します。

IMG_7493

次に、多色成型のパーツで構成されているCランナーでは、バックパックのバーニア類のパーツを使用します。

IMG_7494

次に、青いパーツで成形されているD1、D2ランナーでは、スーパードラグーンのパーツを使用します。

IMG_7495

次に、ゴールドのパーツで成形されているE1、E2ランナーを使用しますが、塗装の関係で全て切り離しています。

IMG_7496

最後に、HGCE ストライクフリーダムガンダムのバックパックにはシールを使用します。



バックパックの製作開始



IMG_7497

まずは、HGCE ストライクフリーダムガンダムのバックパックの製作に必要なパーツを切り出してみました。

機動兵装ウイングやスーパードラグーン等、大きなパーツで構成されていますが、バックパックの本体やジョイント等、小さめのパーツも多数ある感じです。

IMG_7498

という訳で、HGCE ストライクフリーダムガンダムのバックパックのパーツを組んでみましたが、スーパードラグーン機動兵装ウイングが大きく、HGスケールのキットでも存在感がありますね(^_^)

IMG_7499

次に、HGCE ストライクフリーダムガンダムのバックパックを本体接続側から見てみましたが、表裏ほとんど同じ形状ですね。

IMG_7500
IMG_7501

スーパードラグーン機動兵装ウイングはこのように可動することができます。

更に面積も大きくなりましたが、本体に接続したときに安定して立たせられるか心配ですね(^_^;)

IMG_7502

スーパードラグーン機動兵装ウイングを接続するジョイントも、ある程度自由に可動させることができます。

IMG_7503
IMG_7504
IMG_7505

これで、HGCE ストライクフリーダムガンダムのバックパックの製作は完了しましたが、それと同時にD1、D2ランナーとE1、E2ランナーも全て終了しました。

また、PC-002ランナーも腕部の製作の時点で終了していました。頭部接続用のPCパーツなどが余ったので、何かに使えるかもしれないですね(^_^)

という訳で次回は、HGCE ストライクフリーダムガンダムの武装類の製作に入りたいと思います!ではまた(^_^)



⇒HGCEキットの製作記事を他にも見る