前回行った胸部の製作では
 


今日もお疲れ様です(^_^)

前回は、HGUC ジム・カスタムの胸部の製作を行いました。

胸部側面の合わせ目はディテールとして再現されていましたが、胸部上部に関しては設定で必要ない合わせ目が発生するので消しました

という訳で今回は、HGUC ジム・カスタムの頭部の製作に入っていきます!(^O^)



頭部の製作に使用するランナー



IMG_9401
IMG_9402

まず、多色成型のパーツで構成されているAランナーでは、頭部全体のパーツを使用します。

IMG_9403

頭部の製作に使用するランナーはAランナーのみですが、マーキングシールも使用します。

次から頭部の製作に入ります!(^O^)



頭部側面の合わせ目消し



IMG_9404

まずは、HGUC ジム・カスタムの頭部のパーツを切り出してみました。

HGスケールのキットなので、パーツ構成も非常にシンプルですね。

IMG_9405

バイザーの下にあたる部分は、シルバーで塗装しておきました。

IMG_9406
IMG_9408

HGキットの、特に連邦系のキットの頭部の側面には、合わせ目が発生することがありますが、このHGUC ジム・カスタムも例外ではありません(^_^;)

頭部の側面に合わせ目が発生します。

IMG_9408

今回もタミヤセメントを使って、合わせ目を消していきます。



⇒合わせ目消しを行ったキット



IMG_9495

充分に固まったタミヤセメントを、ヤスリ等で慣らして塗装しました。

IMG_9497

合わせ目消しも終わったので頭部の完成です。

頭部のバイザーは、クリアパーツで再現されています。

頭部センサーは、マーキングシールをそのまま使用しました。

IMG_9499IMG_9500

後ろ側の頭部センサーも、マーキングシールを使用しました。

アンテナは結構細いので、破損に注意ですね(^_^;)

IMG_9501
IMG_9502
IMG_9503

最後に、HGUC ジム・カスタムの頭部が完成したので、本体と接続してみました。

という訳で次回は、腕部の製作に入る予定です!ではまた(^_^)/



⇒HGUCキットの製作記事


HGUC 1/144 RGM-79N ジムカスタム (機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY)

新品価格
¥1,300から
(2019/6/7 19:51時点)