素組みのHGUC バイアランカスタムを自分なりに仕上げる



今日もお疲れ様です(^_^)

前回は、HGUC バイアランカスタムの頭部を塗装しました。







頭部のバイザーはクリアパーツで再現されていますが、バイザーの下地にシルバーを塗装しました。

上部の頭部センサーはクリアパーツで再現されておらず、頭部の成形色である紺色のままなので、こちらはシルバーで下地を塗装したのちに、クリアグリーンで塗装しました。



腕部を仕上げる



IMG_9964

HGUC バイアランカスタムの腕部の素組みの状態です。

IMG_9965

まずは、今回手を加える箇所を見るために軽くバラしてみました。

IMG_9966

まず目についたのが腕部の合わせ目です。

前腕部の合わせ目はセンターより外側で、ディテールと重なる部分があるので、無理して消さなくても良いかなと思います(^_^;)

ただ、二の腕の合わせ目は今回消していく予定です。

IMG_9967

ヒジ関節部分の動力パイプの間は塗装したいですね。

IMG_9968

更に細かい部分まで見るのにバラしてみました。

IMG_9969
IMG_9970

一度組んだパーツを外すケースは度々あることかと思いますが、中々外しにくいこともありますよね。

力づくで外そうとしてパーツを痛めてしまったり...(^_^;)

自分はパーツを外す際に使っているのが、このパーツオープナーでしたっけ?名前を忘れちゃいましたが(^_^;)

この道具は先端が平たくなっているので、パーツの合わせ部分に噛ませて広げて外す便利な道具です(^_^)



クロー・アームの肉抜き穴のパテ埋め



IMG_9971

HGUC バイアランカスタムの腕部は手を加える箇所が多数あるので、一つ一つ作業していきますが、まずはクロー・アームに肉抜き穴があるので、この部分をパテで埋めます。

IMG_9972

肉抜き穴にパテを盛りました。

結構小さいパーツなので、最初はかなりアバウトに盛っています。硬化時の処理が大変ですけどね(^_^;)

IMG_9975

パテが硬化したのでヤスリ等で慣らしました。パテ埋め下部分は塗装するので、ヤスリ掛けはある程度粗い番手で仕上げてます。

IMG_9978

パテ埋め下部分をグレーで塗装しました。

粗い部分はありますが、肉抜き穴自体は埋まりました(^_^)

まずはクロー・アームの完成ですが、HGUC バイアランカスタムの腕部は手を加える箇所がまだ多数あるので、続きの作業工程は次回の記事で紹介します。

という訳で次回は、HGUC バイアランカスタムの腕部の合わせ目消しや塗装をする予定です!ではまた(^_^)/



⇒HGUCキットの製作


HGUC 機動戦士ガンダムUC RX-160S バイアラン・カスタム 1/144スケール 色分け済みプラモデル

新品価格
¥2,145から
(2019/12/7 20:10時点)