1 前回行った武装類の製作では



今日もお疲れ様です(^_^)

前回は、HGFC ノーベルガンダムの武装類の製作を行いましたが、ノーベルガンダムの代表的な武器であるビームリボンが柔らかいPET素材(ポリエチレンテレフタレート)で再現されていることと、付属の台座は2体分のキットをディスプレイできるということを記事にまとめています。

という訳で今回は、HGFC ノーベルガンダムの製作が完了したので、感想とまとめに入りたいと思います!(^_^)



2 各アングルと武装類の紹介



IMG_2033
IMG_2029
IMG_2030
IMG_2031

まずは、HGFC ノーベルガンダムをフロント、サイド、リアから見たところです。

ノーベルガンダム特有である細身のシルエットと可動を両立させるために、関節部分にABS樹脂を使用してあるということで、画像のようなポーズも難なく決まりますね(^_^)

説明書によると、女性のロングヘアーに見える黄色のパーツは冷却フィンになっていて、高出力ジェネレーターを高確率で冷却するということですが、内部容積は廃熱用触媒添加装置がほとんどを占めています。

ちなみに、冷却フィンの裏側はグレーで塗装しました。

IMG_2037

このようなハイキックも可能ですよ(^_^)

IMG_2034

HGFC ノーベルガンダムの胸部や腰部に装備されている赤いパーツは、エアダクトとスラスターユニットになっており、機体稼働に欠かせない吸排気及び、サブスラスターとしても機能します。

ちなみに、リボンのように見えるのは偶然とのことですね(^_^;)

武装に関しては、まず頭部バルカン砲です。

バルカン砲を黄色に塗装してしまいましたが、説明書を見ると赤く塗装されています。今回はこれでいいかな(^_^;)

IMG_2035

次に、HGFC ノーベルガンダムの特徴的な武装であるビームリボンですが、前にも紹介した通りPET素材で再現されているので、様々な表情を付けることが可能です。

IMG_2036

せっかくなので、HGFC ノーベルガンダムに付属の専用台座にディスプレイしてみましょう(^_^)

IMG_2038
IMG_2040
IMG_2039

専用台座にディスプレイしてみましたが、新体操のリボン競技に見えなくもありませんね(^_^)

ちなみに、ビームリボンは4種類の長さが用意されています。

IMG_2041
IMG_2042
IMG_2044
IMG_2043

ビームリボンの先に赤い専用パーツを使用することで、ビームリボンの動きに表情を付けることができます。

ちなみに、今回のHGFC ノーベルガンダムにはノーベルフラフープは再現されていませんね(^_^)



3 別売りのHGFC ゴッドガンダムとコラボ



IMG_2045

HGFC ノーベルガンダムには、ディスプレイ専用のマニピュレーターが付属しているのですが、その用途はというと...

IMG_2046

ノーベルガンダム用ではなく、別売りのHGFC ゴッドガンダムに取り付けます。

取り付けただけでは普通に見えますが...

IMG_2047

ノーベルガンダムとの連携ディスプレイとして、お姫様抱っこ的なことが可能です。

専用のマニピュレーターは、この連携ディスプレイをするために必要不可欠なのです(^_^)

本来は、この辺りでキット製作のまとめに入りますが、今回の記事は続きがあるので2部構成にしました。

という訳で、次回はHGFC ノーベルガンダムのキットの完成レビューの続きを行います!ではまた(^_^)

 

⇒HGFCキットの製作記事を他にも見る


HGFC 1/144 GF13-050NSW ノーベルガンダム (機動武闘伝Gガンダム)