前回行った胸部と腕部の外装パーツでは



今日もお疲れ様です(^_^)

前回は、HGIBO ガンダムグシオンリベイクの胸部と腕部フレームに外装パーツを取りつけましたが、他にも製作しておいた頭部も接続しました。

という訳で今回は、HGIBO ガンダムグシオンリベイクのバックパックの製作に入ります!(^O^)



特徴的なバックパックには合わせ目が



IMG_2555

これが、HGIBO ガンダムグシオンリベイクのバックパックのパーツですが、ライトブラウン、グレー、黒、PCパーツで構成されています。

HGスケールのバックパックにしてはパーツが多いですが、何やらマニピュレーターのようなパーツも含まれています。

IMG_2583

HGIBO ガンダムグシオンリベイクのバックパックには、合わせ目が発生するパーツがあるので、タミヤセメントを使って合わせ目消しを行います。

接着部分が充分に硬化するまでしばらく時間を置き...

IMG_2584

硬化してパーツの合わせ目部分からはみ出したタミヤセメントを、ヤスリ等で慣らしました。

曲線のパーツやモールドが絡むと、合わせ目処理は難しくなりますね(^^;)

IMG_2585

合わせ目消しも終了したので、バックパックのパーツを組んでみました。

バックパックには大型のユニットが2基ずつ付いていて、それぞれ3基ずつのバーニアが付いています。

ちなみに、バーニア内の黒い部分はシールになっていますが、塗装してみても良いでしょうね(^_^)

IMG_2586
IMG_2587

バックパックの両ユニットは、ある程度フレキシブルに可動します。

ちなみに、HGIBO ガンダムグシオンリベイクのバックパックにはギミックがありますが、キットの完成レビュー時に紹介しますね(^_^)

IMG_2588
IMG_2589
IMG_2590

最後に、HGIBO ガンダムグシオンリベイクのバックパックが完成したので、本体と接続してみました。

バックパックの大型のユニットは、存在感があり重そうに見えますが、問題なく自立できます(^_^)

これで、本体の製作は大体完了したので、次回は必要な部分に塗装等を行って、キットの完成レビューに入る予定です!ではまた(^_^)/

 

⇒鉄血のオルフェンズの製作記事を他にも見る


HG 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ガンダムグシオンリベイク 1/144スケール 色分け済みプラモデル