今日もお疲れ様です(^_^)

さて、今回はキットの製作が完了したので感想とまとめに入りたいと思います。

IMG_3074
IMG_3075
IMG_3076

まずは、キットをフロント、サイド、リアから見た所です。

この機体の初期形態と比較すると、各所に装甲が追加されている事が分かります。こうなるとウエストの細さもさほど気になりませんね(^_^)

胸部追加装甲は攻撃が集中しやすいコクピットを保護し、長期の戦闘にも耐えうる強度を有するが、瞬発的な機動性は犠牲にしています。

IMG_3080

このキットでも、いくつか部分塗装した箇所があり、本体だと各アーマーのグレーのライン部分と...

IMG_3079

肩部アーマー部分の青に...

IMG_3081

腰部ブースター部分の白に...

IMG_3082

腰部下と太もも部分の黒に...

IMG_3083

肘関節部分の白はシールなんですが、今回気づかずに塗り忘れちゃいましたが特に問題無いと感じたので、ここはシールのままとしました(^_^;)

IMG_3084

後は、つま先部分のグレーに...

IMG_3085

バックパック部分のグレーと真ん中の白に...

IMG_3098

脚部側面部分の黒に...

IMG_3088

腰部後ろ部分のグレーが、本体を部分塗装した箇所になります。

IMG_3091

大型特殊メイス(通称:レンチメイス)を装備してみました。

レンチメイスの様な武器は、自分が知っているガンダムシリーズの中で類を見ないですね。しかし、劇中でレンチメイスをブン回す姿はカッコいいの一言でした(^_^)

ちなみにレンチメイスは2種類のグレーで塗装しています。

IMG_3089

レンチメイスはバックパックにマウントする事が出来ます。

IMG_3090

レンチメイスをマウント用のジョイントは2つ付属していて、バックパック左右の穴どちらでもマウントする事が出来ます。また、別キットに付属している武装類のマウントにも使えますね。

IMG_3092
IMG_3093
IMG_3094

レンチメイスには展開ギミックがあって、パーツを後付けする事により内部のチェーンソーを再現する事が出来ます。

レンチメイスで叩いて、挟んで、刻むという、とんでもない武装ですね笑

IMG_3095
IMG_3096
IMG_3097

説明書によるとこのレンチメイスは、打撃武器として優秀なだけではなく、開閉機構を先端部に持ち、強烈な力で対象を挟み込む事が可能になっています。

更に、開閉部の内側には特殊なチェーンソーが組み込まれており、挟んだ対象を切断する能力を有します。

IMG_3104

サイドアーマーも兼用している腰部ブースターは、取り付け位置の差し替える事が出来ます。

腰部ブースターは地球降下後に、シュヴァルべ・グレイズの高軌道ブースターから換装が行われました。

IMG_3111
IMG_3112
IMG_3113

このキットはパーツ換装により、第5形態(地上戦仕様)に換装する事が出来ます。

IMG_3108
IMG_3109
IMG_3110

この形態でのレンチメイス装備です。

IMG_3114

腕部機関砲です。正拳突きではありません笑

IMG_3115

腕部迫撃砲に換装する事も出来ます。

ちなみにこちらはグレーで塗装しています。

IMG_3116

ジョイントパーツの差し替えによるバックパックの展開ギミックです。

このジョイントパーツは、別キットに付属している滑空砲を安定して装備するのに役立つそうですね(^_^)

IMG_3078

さて、製作の感想に入っていきますが、このキットの特徴は、やはりHGスケールでありながら内部フレームを組める事ではないでしょうか。

目立つ合わせ目は少なく、レンチメイスにあるくらいです。

部分塗装箇所は随所に見られますが、大体はシールで再現してあります。

可動は良好で言う事はありませんね(^_^)

このシリーズのキットは、様々なパーツを組み合わせて形態を変えて楽しむ事が出来るので、色々試してみるのもいいと思います(^_^)

しかし、その多くは別キットに付属しているので、パーツを揃えるのはそれなりに大変かもしれません(^_^;)

鉄血のオルフェンズ第一期の放映は既に終了していますが、続きが気になりますね(^_^)

今回製作したキットは...

HGIBO 1/144 ガンダムバルバトス 第6形態

でした。

次回のキットの政策に続きます。ではまた(^_^)