今日もお疲れ様です(^_^)

さて、今回はHGUC 1/144 百式の製作が完了したので、キットの感想とまとめに入りたいと思います。

IMG_4185
IMG_4186
IMG_4187

まずは、HGUC 1/144 百式をフロント、サイド、リアから見た所です。

尚、クレイ・バズーカはバックパックにマウントしています。

次に、HGUC 1/144 百式を製作するにあたって塗装した箇所は、各外装パーツのゴールドに始まり...

IMG_4188

肩部バーニアの赤、黒部分に...

IMG_4189

ビームライフルのゴールド、青部分に...

IMG_4193

バックパックのバーニアの赤部分と...

ビームサーベルの柄のゴールド部分になっています。

IMG_4194
IMG_4195
IMG_4196

ビーム・ライフルを構えてみました。

このビーム・ライフルは百式の主兵装で、U.C.0080年代に入ってから開発されたものがベースになっています。

出力の強化や、アビオニクスの流用などの改修によって、その威力も数倍になっています。

IMG_4198
IMG_4199

ビーム・ライフルと同時に、クレイ・バズーカを構えてみました。

クレイ・バズーカはRMS-009 リック・ディアスと同種の装備で、通常弾頭の他に粘着榴弾なども使用する事が出来ます。

ちなみに、クレイ・バズーカの名称は、粘着榴弾を使用する事に由来しています。

IMG_4200
IMG_4201
IMG_4202

ビーム・サーベルを構えてみました。

通常はリアアーマーに二本マウントされており、特徴的なのが、ビーム展開部が漏斗の様に広がった独特の形状をしています。

このビーム・サーベルは、RMS-099 リック・ディアスやMSA-003 ネモと同タイプのものになっています。

IMG_4224
IMG_4228

以前製作したキュベレイと戦闘をイメージしてディスプレイしてみました。

ハマーン様の禍々しいオーラは再現できませんでしたが...(^_^;)

IMG_4229

以前製作したガンダムマークⅡと並べてみました。

このガンダムマークⅡはティターンズ仕様ですが、ゼータガンダムも一緒に並べてみたいですね(^_^)

これから先、REVIVE版のゼータガンダムが発売される事を強く希望しています(^_^)

IMG_4203

さて、今回HGUC 1/144 百式を製作してみて思ったのが、個人的にレビューで酷評されている程に悪いキットでは無いと思った事です。

全体的なプロポーションは現代のスタイルに沿ってスタイリッシュになっており、百式本来のプロポーションであるとは言い難いですが、製作中に慣れますし、これでも良いんじゃないかと思えてくるんですね(^_^)

スタイリッシュでカッコいいのは確かですから(^_^)

目立った合わせ目は、ビーム・ライフルとクレイ・バズーカくらいになっています。

また、キットの大部分の色が成形色で再現されているので、素組みでも充分カッコよく仕上がります(^_^)

自分は外装パーツを塗装しましたが、成形色のゴールドでも充分に感じました。(^_^)

キットの可動域もまずまず広いですし、しいて言うならやはりプロポーションの好みくらいではないでしょうか。自分はHGUC 1/144 百式を良キットに認定します(^_^)

今回製作したキットは...

HGUC 1/144 百式

でした。

それでは、次回のキットに続きます。ではまた(^_^)