前回行った脚部の製作では
 


今日もお疲れ様です(^_^)

前回は、HGUC ジム・カスタムの脚部の製作を行いました。

キットのナンバリングも120ということで、この頃のキットには既にヒザの二重関節が採用されていました。

脚部ヒザ下の後ろ側には1部合わせ目が発生しますが、この部分はBMCダンモを使って段落ちモールドにしました。

また、脚部のヒザ下には両側面にも合わせ目が発生しますが、こちらはタミヤセメントを使って合わせ目を消しています。

という訳で今回は、HGUC ジム・カスタムの腰部の製作に入っていきます!(^O^)



腰部の製作に使用するランナー



IMG_9379
IMG_9380

まず、多色成型のパーツで構成されているAランナーでは、フロント、リアアーマー等のパーツを使用します。

IMG_9383
IMG_9384

次に、水色のパーツで成形されているCランナーでは、サイドアーマーのパーツを使用します。

IMG_9381
IMG_9382

次に、グレーのパーツで成形されているDランナーでは、腰部の内部パーツを使用します。

IMG_9385

次に、HGUC ジム・カスタムの腰部の製作には、PC-123プラスランナーを使用します。

IMG_9386

最後に、HGUC ジム・カスタムの腰部の製作にはシールを使用します。

これで、腰部の製作に使用するランナーは以上なので、次から製作に入ります!(^O^)



各アーマーの裏をパテで埋める



IMG_9387

まずは、HGUC ジム・カスタムの腰部のパーツを切り出してみました。

IMG_9388
IMG_9389

HGUC ジム・カスタムの腰部のフロントアーマーは、真ん中をカットして左右で独立に可動させます。

IMG_9390

HGUC ジム・カスタムの腰部の各アーマーの裏は、ディテールも特になく、こんな感じになっています。

ジム・カスタムに限らず、HGスケールのキットは大体こうなってますよね(^_^;)

今回は、この部分にパテを盛ってみたいと思います。

IMG_9391

という訳で、各アーマーの裏側にパテを盛ってみました。

今回は、タミヤのエポキシパテを使ってます。

IMG_9392

大体1日くらい時間を置くと硬化するので、デザインナイフやヤスリ等で慣らしました。

IMG_9409

とりあえず、ヤスリ等で慣らした部分を塗装してみました。

本当なら、簡単なモールドでも彫ってみようかなとも思いましたが、次回にチャレンジしたいですね(^_^;)

簡単に仕上げたいならパテ盛りせずに、塗装のみでも充分な感じもしますね(^_^)

IMG_9410

各アーマーのパテ盛りも終わったので、腰部のパーツを組んでみました。

真ん中のV字マークは、せっかくマーキングシールで再現されていたんですが、この部分は塗装しました。

V字マーク等の盛り上がった部分にシールを貼るのは難しいですね(^_^;)

IMG_9411
IMG_9412

HGUC ジム・カスタムの腰部を、他の方向からも見てみました。

IMG_9413
IMG_9414

HGUC ジム・カスタムの腰部はリアアーマーが固定式で、フロント、サイドアーマーが可動します。

IMG_9416

HGUC ジム・カスタムの腰部の下側には、パーツを取り外してアクションベース接続用の開口部があります。

IMG_9483
IMG_9484
IMG_9485

最後に、HGUC ジム・カスタムの腰部が完成したので、脚部と接続してみました。

今回は、腰部の各アーマーの裏にパテ盛りしましたが、まぁ良い勉強になった感じです。機会があればまた挑戦してみたいですね(^_^)

という訳で次回は、胸部の製作に入る予定です!ではまた(^_^)/



⇒HGUCキットの製作記事


HGUC 1/144 RGM-79N ジムカスタム (機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY)

新品価格
¥1,300から
(2019/5/30 19:48時点)