素組みのHGUC バイアランカスタムを自分なりに仕上げる
 



今日もお疲れ様です(^_^)

前回は、HGUC バイアランカスタムの肩部の合わせ目消しと、肩部スラスターなどを塗装しました。







という訳で今回は、HGUC バイアランカスタムのバックパック周りのプロペラントタンクと背部スラスターなどに手を加えていきます!(^O^)



プロペラントタンクの合わせ目消し



IMG_0016
IMG_0017
IMG_0018

まず、HGUC バイアランカスタムのバックパックの素組みの状態ですが、背部スラスターとプロペラントタンクに合わせ目が結構目立ちます(^_^;)

画像では少し大げさですが、合わせが悪いとホント目立つ部分ですよね(^_^;)

なので、この部分の合わせ目は消していきます。

IMG_0019

これは、HGUC バイアランカスタムのプロペラントタンクと接続する増加スラスターですが、このパーツはバーニア内部を塗装します。

IMG_0020
IMG_0021

まずは、作業しやすいように各パーツをバラしました。

IMG_0022

背部スラスターとプロペラントタンクの合わせ目を消すので、今回もタミヤセメントを使って硬化するまで待ちます。

IMG_0023

タミヤセメントが充分固まったので、ヤスリ等で慣らしました。

一部モールドが埋まってしまいましたが、この部分はタガネなどを使って彫り直します。

IMG_0024

HGUC バイアランカスタムの成形色のグレーは、合わせ目処理の跡がそれほど目立たないんですが、今回も塗装してます。



バックパックの完成



IMG_0025
IMG_0026

HGUC バイアランカスタムのプロペラントタンクと背部スラスターの合わせ目を消したので、増加スラスターと接続してみました。

IMG_0027

分かりづらいですが、増加スラスター内部を赤で塗装しました(^_^;)

IMG_0029
IMG_0030
IMG_0032

HGUC バイアランカスタムのバックパックが完成したので、本体と接続してみました。

外付けの武装類はビーム・サーベルのビーム刃くらいなので、これで手を加える部分は大体終了ですね。

ホントはつや消しで仕上げたいところですが、まぁ、これでまずは完成です(^_^)

という訳で次回は、キットの完成レビューを行う予定です!ではまた(^_^)/



⇒HGUCキットの製作


HGUC 機動戦士ガンダムUC RX-160S バイアラン・カスタム 1/144スケール 色分け済みプラモデル

新品価格
¥2,145から
(2019/12/23 17:21時点)