前回行った頭部の製作では
 


今日もお疲れ様です(^_^)

前回は、HGUC ジム・カスタムの頭部の製作を行いました。

製作では、バイザーの下地となる部分のパーツをシルバーで塗装しました。

頭部の側面には合わせ目が発生するので、タミヤセメントを使って合わせ目消しを行いました。

という訳で今回は、HGUC ジム・カスタムの腕部の製作に入っていきます!(^O^)



腕部の製作に使用するランナー



IMG_9417

まず、多色成型のパーツで構成されているAランナーでは、肩部アーマーに組み込む赤いパーツを使用します。

IMG_9418

次に、水色のパーツで成形されているCランナーでは、肩部アーマーのパーツを使用します。

IMG_9419

次に、グレーのパーツで成形されているDランナーでは、関節などの内部パーツを使用します。

IMG_9420

次に、グレーのパーツで成形されているHG MP-1 Eランナーでは、マニピュレーターのパーツを使用します。

IMG_9421

最後に、HGUC ジム・カスタムの腕部の製作には、PC-123プラスランナーを使用します。

次から製作に入ります!(^O^)



腕部、肩部アーマーの合わせ目消し



IMG_9423

まずは、HGUC ジム・カスタムの腕部のパーツを切り出してみました。

肩部アーマーも一緒に製作するので、それなりのパーツ数になっています。

IMG_9424

HGUC ジム・カスタムの腕部のヒジ関節も、二重関節が採用されていますね。

IMG_9425
IMG_9426

HGUC ジム・カスタムの前腕部に合わせ目が発生するので、今回もタミヤセメントを使って合わせ目消しを行います。



⇒合わせ目消しを行った記事




IMG_9427
IMG_9428

前腕部に続いて、肩部アーマーにも合わせ目が発生するので、こちらも同様に合わせ目消しです。

IMG_9430
IMG_9431

自分は初めて見かけましたが、HGUC ジム・カスタムの握り手のマニピュレーターは、指のパーツが分割されているんですね!

こういった仕様は珍しいので、なんとなく豪華というか得した気分ですね(^_^)

IMG_9429

HGUC ジム・カスタムには、平手のマニピュレーターも両手分付属しています。

IMG_9504

合わせ目に塗ったタミヤセメントが固まったのを確認して、ヤスリ等で慣らして塗装しました。

IMG_9505

合わせ目消しも終わったので、腕部のパーツを組んでみました。

IMG_9506
IMG_9507

前腕部には、シールド用の穴が左右両方に開いています。

IMG_9508

HGUC ジム・カスタムの腕部は、このように可動します。

IMG_9509
IMG_9510
IMG_9512

HGUC ジム・カスタムの腕部が完成したので、本体と接続してみました。

後は、バックパックを接続すれば本体の完成になります。

IMG_9432

今回の腕部の製作で、マニピュレーター専用のランナーである
HG MP-1 Eランナーが全て終了しました。

という訳で次回は、バックパックの製作に入る予定です!ではまた(^_^)/



⇒HGUCキットの製作記事


HGUC 1/144 RGM-79N ジムカスタム (機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY)

新品価格
¥1,300から
(2019/6/11 16:56時点)