素組みのHGUC バイアランカスタムを自分なりに仕上げる
 



今日もお疲れ様です(^_^)

前回は、HGUC バイアランカスタムの腰部を塗装しました。







腰部に関しては、合わせ目消し等の手間がなかったんで、小さい範囲の塗装やスミ入れをしたくらいでした(^_^)

ただ小さい範囲とはいえ、塗装面のエッジや逆エッジ部分の塗装はなかなか難しかったですね(^_^;)

ちなみに、HGUC バイアランカスタムの腰部側面のパーツが可動します。

という訳で今回は、胸部の仕上げに入っていきます!(^O^)



胸部の塗装箇所



IMG_9937

これは、HGUC バイアランカスタムの胸部ですが、側面の大きなパーツが特徴的です。

IMG_9939

その側面の大きなパーツですが、今回の塗装箇所になっています。

パーツの内側を赤で塗装する予定ですが、この部分は付属のシールでも再現されています。

IMG_9938

次の塗装箇所は、胸部側面の赤いパーツです。

この赤いパーツの側面を本体色のグレーで塗装する予定ですが、この部分も付属のシールで再現されています。

今回、HGUC バイアランカスタムの胸部を仕上げる部分は、大きく分けてこの2か所の塗装になります。



胸部の塗装



IMG_9940

まずは塗装しやすいように、HGUC バイアランカスタムの胸部をバラしてみました。

IMG_9941

それぞれのパーツを塗装しました。

大きなパーツの方は、取説のカラーガイドを参考にして塗装しましたが、グレーの方はそれっぽい色を塗った感じです。

この本体色のグレーは取説のカラーガイドを参考にしたら、イメージと違う色合いになっちゃったんですよね・・・自分の調色が上手くいかなかっただけかもしれませんが(^_^;)



腰部の完成



IMG_9942
IMG_9943
IMG_9944
IMG_9945
IMG_9946

塗装が終わったんで、HGUC バイアランカスタムの胸部のパーツを組んでみました。

それぞれ塗装した部分はシールで再現されていると書きましたが、塗装するか、シールで仕上げるかは結局作り手の判断次第ですね。

自分は、塗装できるところは塗装したい派です(^_^)



下半身と接続



IMG_9947
IMG_9948
IMG_9949

HGUC バイアランカスタムの胸部が仕上がったので、下半身と接続してみました。

という訳で次回は、HGUC バイアランカスタムの頭部を仕上げる予定です!ではまた(^_^)/



⇒HGUCキットの製作


HGUC 機動戦士ガンダムUC RX-160S バイアラン・カスタム 1/144スケール 色分け済みプラモデル

新品価格
¥2,145から
(2019/11/18 16:16時点)