1 前回の製作記事を振り返って



今日もお疲れ様です(^_^)

前回では、MG トールギス EWのバックパックフレームの製作と、足の外装パーツの取り付けを行いました。
特にバックパックフレームの製作では、2つのユニットが対になっていて左右のパーツが可動してバーニアが展開することを主な記事としてまとめています。

という訳で今回は、MG トールギス EWの脚部と腰部フレームに外装パーツを取り付けていきますが、まずは脚部フレームに外装パーツを取り付けていきますよ(^_^)



2 脚部外装パーツの取り付け



IMG_0095

まずは、MG トールギス EWの脚部の外装パーツを切り出してみましたが、白一色のパーツ構成になっています。

IMG_0096

さっそく、MG トールギス EWの脚部フレームに外装パーツを取り付けてみましたが、凹凸が少ないスラリとしたデザインで、やはり騎士のような脚部ですね(^_^)

脚部フレームも、特に塗装する必要がないと判断したので、スミ入れとデカールを貼っています。

ひざ下の黄色い部分は内装フレームのパーツですが、外装パーツの色分けのためにも使われていたんですね(^_^)

IMG_0097
IMG_0098

MG トールギス EWの脚部を横と後ろから見たところですが、外側の太ももに開いている穴に関しては、腰部外装パーツ取り付けの際に紹介します。

IMG_0099

MG トールギス EWの脚部はこの辺りまで可動します。

可動の際には、ひざの外装パーツも連動してスライドしますよ(^_^)

IMG_0100
IMG_0101
IMG_0102

脚部フレームに外装パーツを取り付けたので、本体フレームと接続してみました。
脚部の外装パーツが付いて下半身がガッシリしてきましたね(^_^)

続いて、MG トールギス EWの腰部フレームに外装パーツを取り付けていきます。



3 特徴的なデザインの腰部



IMG_0131

さっそく、MG トールギス EWの腰部の外装パーツを切り出してみましたが、白、紺、グレーのパーツで構成されています。

IMG_0132

という訳で、MG トールギス EWの腰部の外装パーツを組んでみました。

腰部に関しても塗装する部分が特になかったので、スミ入れとデカールまで貼っています。さすがMGキットのクオリティですね(^_^)

サイドアーマーが各アーマーより大型で、特徴的なデザインになっています。

IMG_0135

MG トールギス EWの腰部を下から見たところですが、各アーマー裏側のディテールもしっかり再現されているのが良いですね(^_^)

IMG_0133

MG トールギス EWの腰部は、リアアーマーに仕込まれている2基のバーニアの開閉ギミックがあります(^_^)

IMG_0136
IMG_0138
IMG_0137

最後に、MG トールギス EWの腰部を本体と接続してみました。
腰部フレームに外装パーツの取り付けたと同時に、下半身の製作が完了です。

腰部のサイドアーマーの裏側に、太ももの外側にある穴に接続するジョイントパーツが付いており、接続することで大型のサイドアーマーを固定して安定させることができます。
見えない部分に粋な配慮がされていますね(^_^)

という訳で次回は、MG トールギス EWの頭部フレームに外装パーツを取り付けていくので、お楽しみに!(^_^)



⇒他のMGキットの製作記事なら


MG 1/100 OZ-00MS トールギスI EW (新機動戦記ガンダムW Endless Waltz)