前回から開始した外装パーツの取り付け
 



今日もお疲れ様です(^_^)

前回から、RG サザビーの外装パーツの取り付けを開始しました。

まずは、足の外装パーツを取りつけましたが、サザビーのカラーリングである赤いパーツは2種類の赤が使われていて、立体的なリアルさを表現しています。

足の外装パーツを取りつけた際に、後ろ側に合わせ目が発生しますが、さすがRG!ということで見事にディテールとして表現されていました(^_^)

足自体には随所に可動ポイントがあり、アクションポーズの幅が広がるのはもちろん!もともと接地性の高いRG サザビーを、より安定した自立をさせることができます(^_^)

という訳で今回は、RG サザビーの脚部フレームに外装パーツを取りつけていきます!(^O^)



脚部の外装パーツに使用するランナー



IMG_8322

まずは、赤いパーツで成形されているCランナーでは、脚部の外装パーツを使用します。

このCランナーは、ちょっと朱色がかった赤になっています。

IMG_8323
IMG_8324

次も、赤いパーツで成形されているDランナーとFランナーですが、こちらも脚部外装パーツを使用します。

これらのランナーは、普通に濃い赤色ですね。

IMG_8325

最後に、黒いパーツで成形されているKランナーでは、脚部のヒザ部分の外装パーツを使用します。

これで、RG サザビーの脚部の外装パーツに使用するランナーは以上なので、次から取り付けに入ります!(^O^)



脚部の外装パーツの取り付け開始



IMG_8327

まずは、RG サザビーの脚部の外装パーツを切り出してみましたが、大きめのパーツが多く、パーツ数もコンパクトにまとまっている感じですね。

IMG_8326

それでは、この脚部フレームに外装パーツを取りつけます。

IMG_8329

という訳で、RG サザビーの脚部フレームに外装パーツを取りつけてみました。

全体が赤のカラーリングと思いきや、ヒザ部分に黒いパーツが使われていて、アクセントが効いている感じですか(^_^)

この状態だと、バーニア以外のフレームは、ほぼ外装パーツに覆われています。

そういえば、以前に製作したRG シナンジュの外装パーツは、グロスインジェクション仕様でかなり光沢がありましたが、今回のRG サザビーは通常仕様の外装パーツですね。

IMG_8330
IMG_8331

次に、RG サザビーの脚部を横と後ろから見てみましたが、太ももや脚部ヒザ下の後ろ側に発生する合わせ目も、足と同様にディテールとして再現されています(^_^)

IMG_8332
IMG_8333
IMG_8334

次に、RG サザビーの脚部を下から見てみましたが、前方に突き出した外装パーツが可動して、側面のバーニアは、外装パーツと共に可動します。

IMG_8335

RG サザビーの脚部は、ヒザ関節がこのように可動します。

IMG_8336

ヒザ関節を可動すると、ヒザ部分のパーツがスライドして、シリンダーが露出するギミックがあります。

さりげない部分の演出が、さすがRGキットという感じですね!(^_^)

IMG_8337
IMG_8341

ちょっと見えにくくなってしまいましたが、各部の可動の際には、内部フレーム製作時に貼ったリアリスティックデカールが露出します。

IMG_8342
IMG_8343
IMG_8344

最後に、RG サザビーの脚部フレームに外装パーツを取りつけたので、本体フレームと接続してみました。

ジオン系MSならではのボリューム感も、作りがいがあってなかなか良いですね(^_^)

InkedIMG_8331_LI

※今回、脚部の外装パーツを取りつけましたが、一部外装パーツの取りつけを忘れてしまいました(^_^;)

自分は内部フレームから組むと、どうしても外装パーツのつけ忘れをする時があるんですが、製作の集中力が切れるとこうなります(^_^;)

キットの完成までには必ず付けておくので、それまでご了承ください(^_^;)


という訳で次回は、RG サザビーの腰部フレームに外装パーツを取りつける予定です!ではまた(^_^)/



⇒他にもRGキットの製作記事を見る


バンダイ(BANDAI) RG 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア サザビー 1/144スケール 色分け済みプラモデル