素組みのHGUC バイアランカスタムを自分なりに仕上げる
 


今日もお疲れ様です(^_^)

現在、素組みしたHGUC バイアランカスタムの腕部の仕上げを行っている段階ですが、前回は腕部メガ粒子砲や二の腕部分の合わせ目を消しました。







という訳で今回は、HGUC バイアランカスタムの腕部を完成させるところまで進めていきます!(^O^)



肩部の合わせ目消し



IMG_9974

まずは、HGUC バイアランカスタムの肩部の合わせ目を消すために、タミヤセメントを使って硬化するまで時間を置きました。

IMG_9977

タミヤセメントが充分に硬化したことを確認して、ヤスリ等で慣らしました。

ただ、この状態だと合わせ目を消した部分が目立つので塗装します(^_^;)

IMG_9987

合わせ目を消した部分を塗装しました。

IMG_9988

ついでに、肩部のバーニア内も塗装しました。



肩部スラスターの塗装



IMG_9981

これは、HGUC バイアランカスタムの肩部スラスターです。

パッと見、合わせ目もディテールになっていて手を加える部分がないように見えます。

IMG_9982

スラスター内部も、パーツの成形色で再現されています。

IMG_9983

こちら側は、パーツの成形色のグレーになっていますが、一部分はシールでも再現されています。

ただ、完成見本を見てみると全体的に赤で塗装してあるので、この部分は全体的に塗装します。

IMG_9984

塗装しやすいように、肩部のパーツをバラしてみました。

このスラスター内部は凹凸が多く、塗りにくそうですね(^_^;)

IMG_9991

という訳で、肩部スラスター内部を塗装しました。

下地に白を塗ったんですが、それでも塗料のノリがイマイチで何回か塗り重ねました。

まぁ、スラスター内部は組んでしまえばそれほど目立つ部分じゃないので、こんなもんで良いかなと...(^_^;)



肩部スラスターの完成


IMG_9999
IMG_9998
IMG_0002

肩部スラスター内部の塗装が終わったんで、パーツを組んでみました。

IMG_0003

付属のシールよりは、塗装して良かったかなという感じです(^_^)



腕部の完成



IMG_0005
IMG_0006
IMG_0007

HGUC バイアランカスタムの腕部の手直しが一通り終わったんで、腕部全体のパーツを組んでみました。

少し粗い部分もありますが、全体の完成までにできるだけ調整する予定です。

IMG_0008

HGUC バイアランカスタムの腕部は可動する部分が多く、腕をぐるっと回すことが可能です。

IMG_0009

他には、ヒジ関節の可動や腕部メガ粒子砲も可動します。

IMG_0010
IMG_0011

肉抜き穴をパテ埋めしたクロー・アームも、もちろん開閉可能です。

IMG_0012

ボールジョイントで接続する肩部スラスターも、フレキシブルに可動します。



本体と接続



IMG_0013
IMG_0014
IMG_0015

HGUC バイアランカスタムの腕部が完成したので、本体と接続してみました。

素組みの状態と比べてどこが違うの?って感じですが、自分的にはまぁまぁ満足してます(^_^;)

という訳で次回は、背部のプロペラントタンクとスラスターに手を加える予定です!ではまた(^_^)/



⇒HGUCキットの製作


HGUC 機動戦士ガンダムUC RX-160S バイアラン・カスタム 1/144スケール 色分け済みプラモデル

新品価格
¥2,145から
(2019/12/17 17:40時点)