RG サザビーの製作開始
 



今日もお疲れ様です(^_^)

前回から、RG サザビーの製作を開始するということで、パッケージイラストや、各ランナーの紹介を行いました。

RG サザビーの箱は当然大きく、通常のRGキットの約2倍ありましたが、箱の厚みに関しては通常のRGキットとほぼ変わりありませんでしたね。

RGキットの特徴として1/144スケールながら、MGキットのように全身の内部フレームが再現されています。
なので製作の流れとして、内部フレームの製作⇒外装パーツの取り付けで製作していく予定です。

という訳で今回は、RG サザビーの足フレームの製作に入っていきます!(^_^)



足フレームの製作に使用するランナー



IMG_7910

まずは、グレーのパーツで成形されているIランナーでは、足フレームのパーツを使用します。

Iランナーは、同じランナーが2つ用意されています。

RG サザビーの足フレームに使用するランナー自体は、このIランナーのみになっていますね。

足フレームにアドヴァンスドMSジョイントが使われていないので、普通に小さいMGキットを組むような感じですね(^_^)

IMG_7911

RG サザビーの足フレームには、リアリスティックデカールを使用します。

これで、RG サザビーの足フレームに使用するランナーは以上なので、次は製作に入っていきます!(^_^)



足フレームの製作開始



IMG_7912

まずは、RG サザビーの足フレームのパーツを切り出してみましたが、細かく小さいパーツがあるものの、全体的に大きめのパーツで構成されています。

サザビーが大きいMSというのは有名ですが、自分はサザビーのキットを製作するのは初めてなので、1/144スケールのサザビーはどれくらいの大きさなのか、今から製作が楽しみですね(^_^)

IMG_7913

さっそく、RG サザビーの足フレームのパーツを組んでみました。はい、デカい!

小さめのMGキットよりデカいんじゃないかな(^_^)

IMG_7914
IMG_7915

次に、RG サザビーの足フレームを横と後ろからも見てみました。

足フレームながら、パイプなどの細かいディテールまで再現されています(^_^)

IMG_7916

RG サザビーの足はフレームの段階で、可動箇所がいくつかありますが、まずは接続用のジョイント部分が左右に可動します。

接続用のジョイントは足首部分になるので、足首の可動は色々なアクションポーズをとるのに重要な部分ですね。

IMG_7917
IMG_7918

次も足首部分ですが、こちらは前後に可動するパターンです。

他には、つま先とカカトといった、細かい部分も可動しますね。

IMG_7919

つま先とカカトはフレームの状態だと、こんな感じに可動します。

IMG_7921

少し分かりづらいですが、足首部分の真ん中あたりに、リアリスティックデカールで金属的に再現されています。

足フレームに外装パーツが付いたら、余計に目立たなくなるような部分ですが、目立たない部分の再現も怠らないのが、RGキットなんですね(^_^)

そうして感心しているうちに、足の裏の写真を撮り忘れてしまいましたが、足の外装パーツを取りつけた時に撮ります(^_^;)

これで、RG サザビーの足フレームの製作は完了なので、次回は脚部フレームの製作に続きます!ではまた(^_^)



⇒RGキットの製作記事を他にも見る


バンダイ(BANDAI) RG 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア サザビー 1/144スケール 色分け済みプラモデル