前回製作した胸部フレームを振り返ってみる
 



今日もお疲れ様です(^_^)

前回は、RG サザビーの胸部フレームの製作を行いました。

胸部フレームには、アドヴァンスドMSジョイントのパーツは使用されていませんが、リアリスティックデカールによる金属表現や、ジョイント部分の可動、胸部本体も前後に可動させることができます。

という訳で今回は、RG サザビーのコクピットブロックの製作に入っていきたいと思います!(^O^)



コクピットブロックの製作に使用するランナー



IMG_8261

まず、多色成型のパーツで構成されているAランナーでは、モノアイ部分のクリアパーツを使用します。

IMG_8262

次に、赤いパーツで成形されているDランナーでは、コクピットブロック本体のパーツを使用します。

IMG_8263

次に、グレーのパーツで成形されているGランナーも使用します。

IMG_8264

最後に、RG サザビーのコクピットブロックにはリアリスティックデカールを使用します。

これで、コクピットブロックの製作に必要なランナーは以上なので、次から製作に入っていきます!(^_^)



コクピットブロックの製作開始




IMG_8265

まず、RG サザビーのコクピットブロックのパーツを切り出してみました。

コクピットブロックといっても部位的には頭部フレームなので、パーツ数は少ないですね。

IMG_8266

コクピットブロックのモノアイ部分は、クリアパーツで再現されています。

IMG_8267

という訳で、RG サザビーのコクピットブロックのパーツを組んでみました。

モノアイが付いているということで、サザビーのコクピットは頭部にありますが、モノアイ部分にはリアリスティックデカールを使用します。

モノアイのクリアパーツが活かされていない気がしますが、リアリスティックデカールがリアルさを表現してくれるので、まぁ問題ないですね(^_^)

クリアパーツを活かすなら、クリアグリーンで塗装してみても良いかもしれません(^_^)

IMG_8268
IMG_8269

色んな方向からも見てみました。

しかし、この球体のようなコクピットブロックの形状は...

サイヤ人の宇宙船ポッド
ドラゴンボールより引用



なんとなくサイヤ人の宇宙船ポッドを思い出してしまいました。世代なんで(^O^)

バンダイでキット化もされているので、機会があれば作ってみたいですね(^_^)

IMG_8270
IMG_8271
IMG_8272

話がそれましたが、RG サザビーのコクピットブロックの製作が完了したので、本体フレームと接続してみました。

次回は、RG サザビーの腕部フレームの製作に入る予定です!ではまた(^_^)/



⇒他にもRGキットの製作記事を見るなら


バンダイ(BANDAI) RG 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア サザビー 1/144スケール 色分け済みプラモデル