1 前回行った武装類の製作記事では



今日もお疲れ様です(^_^)

前回は、HGBF すーぱーふみなの武装類の製作を行いましたが、ビームキャノンとビームライフルには合わせ目が発生するということと、シールドやビームキャノンをバックパックにマウントするための可動式のアームが付いていて、武装類を様々な角度でマウントすることができるということを記事にしています。

という訳で今回は、HGBF すーぱーふみなの製作がが完成したので、キットの完成レビューに入っていきます!(^_^)



2 各アングルと武装類の紹介




IMG_1535
IMG_1536
IMG_1537

まずは、HGBF すーぱーふみなをフロント、サイド、リアから見たところですが、付属の専用台座を使用する事によって、安定したディスプレイが可能になっています。

ガンプラである事に変わりはないのですが、パッと見女性のフィギュアにも見えますね(^_^)

自分も最初は戸惑いましたが、これはれっきとしたガンプラなんだ!と心を無にして製作に挑んだら、すぐに慣れました♪

IMG_1538

次に、手持ち武装のビームマシンガンを装備してみました。

IMG_1539
IMG_1540
IMG_1541

このビームマシンガンは、一度引き金を引くと3発のビームを連続発射する3点バースト機能を持たせたビームライフルで命中率が高くなっています。

ちなみに、ビームマシンガンのセンサー部分を緑で塗装しています。

IMG_1542

これは、両肩部にマウントされているビームサーベルなのですが、あくまで劇中の設定ということで、ビーム刃は無く省略されています(^_^;)

せめて、ビームサーベル抜刀のポーズを挑戦してみましたが、手がこの辺りまでしか届きませんでした(T_T)

IMG_1543

これは、両前腕部に内蔵されたガトリングガンですが、ちなみに3連装になっています。

IMG_1544
IMG_1545
IMG_1546

次に、バックパックの両側に装備されたシールドですが、なんとファンネルとして遠隔操作可能であり、ビーム刃を発生させて攻撃します。

IMG_1547
IMG_1548
IMG_1549
IMG_1550

最後に、バックパックのビームキャノンも展開してフルバーストしてみました。



3 キット製作のまとめ



IMG_1552

すーぱーふみなは、サカイ・ミナトがメイジン杯のオープンコースに出品したガンプラということです。
ホシノ・フミナへの思いを具現化しており、彼女自身をモデルに作られていますが、モデルにすることをフミナ本人には許可を取っていないとのことです(^_^)

ちなみに、デザインと武装は、フミナが製作したパワードジムカーディガンを模しています。

キット自体は、その構造やPCパーツに軟質素材の効果的な使い方で、通常とは異なる可動、デザインに挑戦したキットだと感じました。

その割に、製作自体は組みやすい印象です。塗装箇所に合わせ目等はあるものの、そのまま組んでもほぼ設定通りに仕上がるでしょう(^_^)

自分は原作をまだ途中までしか見ていないのですが、最後まで見ていきたいと思います♪

今回で、HGBF すーぱーふみなの製作は全て終了したので、次回に製作するキットに続きます。ではまた(^_^)



⇒HGBFキットの製作記事を他にも見るなら


HGBF ガンダムビルドファイターズトライ すーぱーふみな 1/144スケール 色分け済みプラモデル