前回はHGUC クシャトリヤの腰部を製作して、下半身が完成しました。







腰部はHGスケールのキットにしてはパーツ数が多いですが、製作に関しては特に加工する必要がなかったので、ゲート跡などの処理のみで仕上げました。

フロントアーマーも標準で左右が独立可動するのも良いポイントですね(^_^)

という訳で今回は、HGUC クシャトリヤの胸部の製作に入ります!(^O^)



胸部の素組み状態



DSC_0299
DSC_0300
DSC_0301

まずは、胸部の素組み状態を確認してみました。

胸部の側面に一部合わせ目があるのと、エングレービング部分が付属のシールで再現されているので、この部分を塗装していく感じですね。



胸部の製作



DSC_0302

それではパーツをバラして作業に入っていきます!

DSC_0303

胸部側面の合わせ目を接着剤で消します。

DSC_0307

エングレービング部分の塗装ですが、下地にラッカーの白を塗って、その上にエナメルの黒を塗り重ねました。

DSC_0311

次に、エナメル溶剤でエングレービングの下地部分を出しました。

作業にはクラフト用の綿棒が使いやすいかと思います。先のとがった綿棒ですね。



胸部の完成



DSC_0313
DSC_0314
DSC_0315

胸部のパーツを組んで完成です。

エングレービング部分はシールで再現されているとはいえ、段差や局面になっているのもあって、シールを貼るのが難しいんですよね(^_^;)

多少の手間が掛かりますが、塗装した方が見栄えも良く仕上がると思います(^_^)

DSC_0316
DSC_0317
DSC_0318

胸部が完成したので下半身と接続してみました。

胸部まで組むと、だいぶ重厚感が増したような感じがします。

という訳で次回は、HGUC クシャトリヤの頭部の製作に入る予定です!ではまた(^_^)/



⇒HGUCキットの製作



HGUC 1/144 クシャトリヤ (機動戦士ガンダムUC)